角質ケアに関する情報が満載!

やみつきになる足裏の角質ケア液体編

足裏の角質は気が付くとカチカチに硬くなっていて、入浴の度にセラミック製のかかとヤスリなどでケアをしていてもなかなか思うようにつるつるになりません。
基本的に角質ケアとは、古くなった角質が落ちきれずに皮膚表面に残り、水分が足りなくなった放置状態のものをどうにか取り除くことです。
器具を使わずに液体ケアをすれば、皮膚を傷つけずに硬くなってしまったものを楽に取ることが出来ます。
但し、アレルギーをお持ちの方は事前に必ずパッチテストをしてからお試し下さい。
角質ケア液体はさまざま販売されていますが、足(足首まで)を入れるだけの袋状になっているジェルが手軽に出来るものの一つです。
ドラッグストアやホームセンター、ネット通販でも簡単に手に入ります。
手順もシンプルです。
そこに両足を浸し付属のテープで留め、さらにその上から大きめの靴下を履きます。
こうすることでジェルがより密着します。
所定の時間が経過したらきちんと洗い流すことが重要です。
肌トラブルへの道を残さないようにしましょう。
その後一週間ほどで角質が剥け始め、三週間後にはつるつるの足裏があらわれます。
生活動作と共に徐々に剥けていくので、無理に剥かないようにしましょう。
ポイントとして、角質ケア後の保湿クリームをお忘れなく。
角質が硬くなるのを防いでくれます。
この液体角質ケアは二ヶ月に一度くらいの頻度で行うと理想的です。

酸性の液体を使ったクリニックでの角質ケア

肌のお手入れで大事なことは保湿と角質のケアです。
どんなに保湿をしっかりしても、古い角質が肌の表面にとどまったままだとくすんでしまったり、ニキビなどの肌荒れの原因になってしまうからです。
そのためにも古い角質をオフして新鮮な角質をいつでも肌表面に持ってくるスキンケアをしなくてはなりません。
美容皮膚科などのクリニックで行っている角質ケアにはマイルドな酸性の液体を使って肌表面の古い角質を溶かすピーリングという方法があります。
ピーリングは大変効果的で即効性のある角質ケアですが、専門医の元で行う必要がありますので、家庭でできる角質ケアは酵素などを使った洗顔や、クレイパックなどがおすすめです。
酵素は余分な角質をマイルドにオフする働きがあるので、毎日の洗顔で少しずつくすみが取れて透明感を作ることができます。
また、クレイパックは余分な角質とともに、毛穴の汚れなどもオフすることができるのが魅力でのスペシャルケアです。

Copyright 2015 角質ケアでスッピン美人 All Rights Reserved.